読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国遍路の旅(82番~80番)

夏休み、続きを再開

今回は雨、そしてヒルクライムからのスタート。


今回の目標は、根香寺白峯寺、國分寺
前回の一宮寺より開始

2015/8/13 5:22自宅出発~8:38一宮寺駐車場に到着

ETCにかかった費用¥6,000

駐車場代金¥0

移動距離211.0km

雨がパラパラ印刷した地図がどこまでもつだろう。


8:38一宮寺出発~10:14根

根来寺滞在時間 10:14~10:55

入山料¥0

賽銭¥100

御朱印¥300

f:id:delife:20161111062505j:plain

1.根香寺の駐車場から

 

スタート時には平坦な市街地だったけど、雨のせいで山道に入る前に印刷していた地図はぼろぼろ、用意していた3枚の地図は全滅。(ポイ)

そういうこともあろうかとスマホケースを準備、ケースにセット

googleマップでナビゲートスタート

 

徐々に山道、さらに雨、そして霧、勾配がきつすぎ、すぐに押して歩く・・・・目の前には道がない?

(霧と急カーブで実際には大きく右にまがってるだけ)

 

山全体が雲の中なのか真っ白

「何て強大なオーラ力だ…!」という気持ちも少しもちつつ上へ進む

押して進む、「力押しなら…負けはしない!」

 

毛虫はいないけど、きつい、雨と汗のせいで体中ボタボタ、眼鏡も曇る

さらに押す、途中ダウンヒルの親子がさっそうと降りていく

「こんにち・・・・はぁ」声もでにくい、結構なスピードでおりていくので後ろをみたらこちらが倒れそう。

「くそっ! 俺のオーラ力はこの程度なのか!?」

なんとか17.13キロで到着。

 

この段階でかなりのオーラ力を失った・・・・

でも今回の行程での山場は上に登るここだ!

あとは降りるだけ(フラグオン!)

f:id:delife:20161111063047j:plain

2.根香寺の山門

 

あまり人気がないのは、お盆だから?雨だから?まだ10時だから?

こじんまりした境内を散策

あとで気づいたけど牛鬼を撮るのを忘れていた。

 

 

f:id:delife:20161111064550j:plain

3.山門からの光景

f:id:delife:20161111064920j:plain

4.本堂

 

白峰寺

2015/8/13 10:55根香寺発~11:34白峰寺に到着

山の上から山の上なのでそれほど高低差はないだろうと

いつもの読みの甘さ、根香寺の駐輪所からでてすぐの分岐点で・・・・はぁ

また登り・・・そして次は長いまっすぐな道が煙っている

この先はどこへ行くんでしょうか、お寺につくのでしょうか

とおもっていたらキターッ 下り、スピードを出して時間をかせぐ

路面が濡れている・・・・だが進む(これもフラグオン状態)

とおもったら・・・・登り

時間としては30分程度ですが意外に疲れた。

 

駐輪場代金¥0

移動距離8.35km

 

白峰寺滞在時間 11:34~12:15

入山料¥0

賽銭¥100

御朱印¥300

 

f:id:delife:20161111070235j:plain

5.白峰寺山門

 

 

f:id:delife:20161111070127j:plain

6.白峰寺本堂

 

国分寺

2015/8/13 12:15白峰寺発~13:19国分寺に到着

晴れてきた、ここまでクロスバイクを押してきたのはこの幸せを感じるため

ダウンヒル、歩かずとも下れる喜び

さぁ、最後の寺まで一気に逝くぞ(最終フラグオン)

 

長い下り、大きめのカーブを曲がる、ブレーキをかけつつ気持ちバンクして曲がる

また長い下り時速40キロをオーバー、一つ目のヘアピンを曲がる、リアが滑るがハンドルをカウンター決めるまでもなく重心移動で耐える。

さらに緩やかなカーブを連続して3つ超え、スピードはそのままを維持

いくぜ!

 

目の前に道がないと思えるくらいのヘアピン

『ショウ、左っ!!』

『ちっ!』

『ショウ!』

『くっ、リアが滑っただけだっ!』
『うっ!! だが、この程度なら!』

『もっとよく見て、ショウ!』
『くっ!?』

『左側面、当たっちゃうっ!!』

『なんのっ! まだだ!(カウンターを決めろ!)』
『ああっ!』

『くっ、このおっ! 好きにさせるかっ!(すでに世界が傾き始めてる)』
『くっ!! だが、この程度ならまだいける!』

『そうよ、まだまだっ!』
『南無三!』

『落ちろよぉ!』

 

そして目の前の世界が反転した

「こけた?」

やばい、こんな山道の行程の半分のところでギアがいかれたり、ブレーキレバーがいかれたら、ペダルがいかれたら、それよりも車は来ていないか、頭を守れ!

肩か腕からいくしかない

ドガッ・・・・・ガリガリガリ・・・・・ゴシャ

 

まずは車道から退避

転がりながら車道からヘアピンの中央側へ

 

車は来ていない(助かった)

骨は折れていないか、腕はまがる、指はまがる、足はまがる

痛みはそれほどでもない、血はでいるがそれほどでもない

 

くぅ、助かった

 

クロスバイクは?

 

車道の真ん中でへしゃげたみたいに倒れている

電池が散乱(ライトが散乱しているようだ)

ペダルの反射板が落ちている

スマホは????

 

とりあえずクロスバイクを車道からのけて

急いでライトの収集、反射板の回収

クロスバイク本体は???

スマホカバーがぶらーん・・・・ん?位置がなんか違う

 

ハンドルが逆向き!

うぉぉぉぉこれじゃ帰れない、

よくみると単純に回転しているだけだった

前輪をもとにむけて

スマホを確認、カバーのおかげで傷もなく動作してる(さすがに山の中でスマホなかったら降りることも車にまでたどりつけない)

ブレーキレバーは?ブレーキは動くか?

フレームに損傷は?

よし!傷がない?

こけたはず、あれだけ派手にこけてライトがぶっ飛んでるんだから前方に傷があるかと思ったら左ハンドルレバーのゴム部分が傷、左ブレーキレバーの端が傷、左側のスタンドの先が傷、ペダルが傷

助かった・・・・・

 

とりあえず座り込む

 

自分の体を確認、少し痛むが動かないわけじゃない

左腕から出血、白衣が汚れて血がついてる

 

奇跡的に軽症ぽい

 

さてじゃあ反射板とりつけて、ライトは電池を入れるところが開いていただけなのでもとにもどして

 

( ,,`・ω・´)ンンン?

ハンドルが若干曲がっとる

これじゃもうスピードだせないし、バランスとりにくい

かといってホイール蹴とばして直すようなことしたらそれこそ傷を増やしそうなので

あきらめる、かえって修理するか

 

駐輪場代金¥0

移動距離13.17km

 

国分寺滞在時間 13:19~13:50

入山料¥0

賽銭¥100

御朱印¥300

 

f:id:delife:20161111074549j:plain

7.曲がったハンドルと左腕の傷

  ハンドルをフレームに垂直にしたら前輪が左にずれてます

 

f:id:delife:20161111074617j:plain

8.損傷具合

 

f:id:delife:20161111075045j:plain

10.国分寺山門

 

f:id:delife:20161111075430j:plain

11.本堂

 

2015/8/13 13:50国分寺発~14:32一宮寺駐車場に到着

総移動距離48.2km(戻り距離が9.55キロ)

途中最高時速50km/h

 

うどんでもたべて田舎に寄り道して温泉で傷を治そう

車にクロスバイクを積み込んで(うぐ・・・痛い)

さぁ出発だ?あれギアが動かない左水平に力が入らない

もう一回「グイ」うぎゃぁぁ・・・・・いってぇーーーーー

 

どうも腕の関節や筋は大丈夫だったらしいが胸筋が逝ってしまってるらしい

全然水平に力が入らない、しかたないので右腕でギアチェンジ

そのうち事故るとおもったので左腕を斜めにして押し込むようにしてギアチェンジ

(一か月ギアの変更が普通にできずに過ごす羽目に・・・)

 

f:id:delife:20161111081138j:plain

12.鈍川温泉からの風景

 

 

自転車遍路の三回目の感想

ダウンヒルを舐めていた

・雨の日にリアフェンダーを置いてきたので背中が泥まみれ

・防具が貧相すぎた

・戻り距離前回と合わせて54.2キロ分が復路の貯金距離

 

四国遍路の旅(85番~83番)

世間のGWをよそに、前回の続きを再開

前回のヒルクライムを教訓に登りでは無理しない、下りも平日ではないので気を付ける。
(別の意味で気を付けることになることは、クロスバイクを組み立てている時には気付かず)

今回の目標は、八栗寺屋島寺一宮寺
一週間前から当日の天気予報は雨、曇り、晴れのち曇り、サイトによって情報が違いすぎるがその日を除くと難しいので晴れに期待して自宅を5:24に出発

2015/5/3 5:24自宅出発~8:29志度寺駐車場に到着
(前回志度寺まで回ったのでここからスタート)

組立もバラシも慣れてきた。

ETCにかかった費用¥4,660

駐車場代金¥0

移動距離194.0km

(淡路島で土砂降りの雨に合い、幸先不安にかられるも合羽も持ってきていない。)


8:29志度寺出発~9:22八栗寺

八栗寺滞在時間 9:22~10:17

入山料¥0

賽銭¥200

御朱印¥300

 

f:id:delife:20150506165832j:plain

1.志度寺裏手の海、中央の出っ張りのある山が五剣山(八栗寺)、その左の平らな山が屋島、今日も山道を二本。

山道をiPhoneのナビを使いながら山を登ってると海が見えてきた、あれ?何か違う、山の上に上がるはずなのに海の傍を走る予定なかったはず、ナビをみるとはやり間違っている。ナビでも結構細道を登る、勾配がきつい、すぐさま降りて手押しで上がる。山道を下って来る歩き遍路の方々と挨拶。(今回はこちらから声をかける)

カーブに視線をやって押していると、目の前に毛虫!

うぉっ、避ける。さらに押して歩く。また目の前に毛虫、肩に・・・・

エイッ、ぬがぁぁっ。汁でてる・・・不殺生の禁を破ってしまった

更に進む。目の前に急に毛虫。(車も通るので端を通っていたけれど、あまりの毛虫の多さに、真ん中を押して歩いているのに奴らはお構いなしに目の前にぶら下がってくる)

登りはゆるりとしているのでいいが、下りはやばいな、きっと毛虫機雷に当たりまくりそう。のぼり30分をかけて、汗だくだく。

 

 

f:id:delife:20150506170104j:plain

2.八栗寺の案内図

 

f:id:delife:20150506171054j:plain

3.久しぶりの読経。

 

f:id:delife:20150506171134j:plain

4.中将坊の隣にある馬の足元に人参の奉納、馬の目の前に人参じゃないのね。

 

f:id:delife:20150506171116j:plain

5.手洗い場の龍が、ぶさかわ

 

屋島寺到着

2015/5/3 10:17八栗発~11:10屋島寺に到着

(やっぱり八栗寺からのダウンヒルで毛虫機雷にあたるあたる、顔にあたるのはいやなので、タオルを口元に押し当てて、メガネをしていて本当によかった、目が悪くてよかったと思ったのは初めてかも)

駐輪場代金¥0

移動距離10.51km(クロスバイクを道端に止めて、山門まで1.1km)

 

屋島寺滞在時間 11:10~12:30

入山料¥0

賽銭¥200

御朱印¥300

f:id:delife:20150506171529j:plain

6.ここまで登るもの勾配20%超え

f:id:delife:20150506171536j:plain

7.こんな感じで毛虫が真ん中から降りてくる。あっちこっちで降りてくる。

 

 

f:id:delife:20150506171624j:plain

8.屋島寺のすぐ隣にある血の池(八栗寺には賽の河原もあったけどよれず)

f:id:delife:20150506171632j:plain

9.ハート型のツツジ

f:id:delife:20150506171643j:plain

10.屋島水族館には入らなかったけど、歩いて散策、さすがに遍路スタイルで歩いている人はいなかった・・・

 

2015/5/3 12:30屋島寺発~13:39一宮寺に到着

駐輪場代金¥0

移動距離13.61km

 

一宮寺滞在時間 13:3914:12

入山料¥0

賽銭¥200

御朱印¥300

f:id:delife:20150506173016j:plain

11.さすがにおなか減ったのでコンビニで小休止、香川にきてうどんも食わずに帰れない、本当は山田屋にいきたかったのに、八栗寺から屋島寺途中というのを忘れて屋島寺から出てきてしまう、愚かな自分の無計画さにいやになる、帰りにかならずうどんを食べて帰る!

f:id:delife:20150506173056j:plain

12.一宮寺の山門

f:id:delife:20150506173109j:plain

13.ハナミズキの花

ここからまた志度寺まで帰らななきゃ、あぁ、銭湯か温泉行きたかった。雨も降り始めてきたし、着替えも車の中、タオルを首に巻いて走っていたらいつの間にか失ってるし、と思ってコンビニで雨宿りして降りたらリアタイヤに絡まっている!

お気に入りのタオルがリアブレーキに引っかかって汚れまくり。

これで帰りのお風呂もプランから無くなった。

うどんは必ず食って帰る。

 

2015/5/3 14:12一宮寺発~15:54志度寺駐車場に到着

総移動距離53.42km(戻り距離が20.56キロ)

途中最高時速45km/h

 

 

f:id:delife:20150506173122j:plain

14.山田屋の入口

f:id:delife:20150506173129j:plain

15.うどーん、疲れた体にコシのあるうどんは噛み切ったら喉をツルン

食ってるよりは飲んでる感満載。

 

志度寺駐車場~自宅

2015/5/3 15:54志度寺駐車場出発~1:30自宅に到着
(途中、山田屋によって、スマホの充電器が壊れたのでヤマダ電機によって、淡路島で故障者続出のため当日中の帰宅ができず)

ETCにかかった費用¥4,590

駐車場代金¥0

移動距離220.2km

 

 

自転車遍路の二回目の感想

・フィットネスジムのウェアでよかった

・この時期の山道の毛虫機雷にご注意

・もう少し、計画しておけばよかった

・戻り距離前回と合わせて44キロ分が復路の貯金距離

 

 

四国遍路の旅(88番~86番)

何を思い立ったか西国三十三箇所巡礼のご利益にあやかったはずなので、

次は本丸の遍路をスタート。
しかも逆打ちで四国霊場開創1200年記念のご利益にあやかりたい!!


まぁいつも思うことだけど意外に神社仏閣は広いというか時間がかかる。
もっとじっくり眺めたいんだけどな
(知識を蓄えるよりは時代を感じたり雰囲気を堪能したいだけ)

今回も他のお遍路さんとすれ違いで挨拶して
気持ちよく回りたいものだ
無財の七施を心掛けて回ろう(=゚ω゚)ノ
普段からやれよとかいう声は無視しつつ

眼施
2和顔悦色施
言辞施
身施
心施
牀座施
房舎施
自転車でどこまでいけるのかも苦しいだろうけど楽しみもありそう

 

2014/12/8 5:00自宅出発~7:37大窪寺第一駐車場に到着

ETCにかかった費用¥4,970

駐車場代金¥0

移動距離194.9km

(途中山道でこれ進むの?って箇所あり、カーブにはいったところでダンプが待っててくれていた、朝7時にお疲れ様です。)

 

大窪寺滞在時間 7:37~9:38

入山料¥0

賽銭¥100

御朱印¥300

拝観料¥1,000

f:id:delife:20141211121523j:plain

1.大窪寺の山門

f:id:delife:20141211121809j:plain

2.五十年ぶりの開帳ということで入ろうかとおもったら9:00~ まだ一時間以上ありますがな…

 

f:id:delife:20141211121818j:plain

3.本堂(左側)と阿弥陀堂(右側)映っていないが左側に納経所あり

f:id:delife:20141211121829j:plain

4.もう一つある山門

f:id:delife:20141211121833j:plain

5.こっち側は仁王じゃないのね

f:id:delife:20141211121849j:plain

6.結願寺らしく奥の院あり、寺から800mとある。後で登ってみようかな

以前華厳寺いったときに奥の院までいったら結構な山道で距離もあったのでこの後のクロスバイクヒルクライムすること考えれば躊躇するところ。

f:id:delife:20141211121934j:plain

7.1の山門傍にある大師堂

ここで4回目の歩き遍路結願した人と会話。歩きで50日程度かかっているらしい、ってことはこの方がスタートしたころは西国を車で回っていたころか

f:id:delife:20141211121938j:plain

8.別料金で大師堂の中に地下?下側から入れるところあり。時間も早いのでまぁ…

f:id:delife:20141211121948j:plain

9.結局奥の院まで登ることにした。途中残雪があり、数日前に香川と愛媛の大雪がニュースにでていたけれどここも雪が降っていたみたい。

f:id:delife:20141211121953j:plain

10.奥の院到着?この先通行止め。院になってないけど…

f:id:delife:20141211122006j:plain

11.周りの風景

 

f:id:delife:20141211122029j:plain

12.途中の休憩場所

f:id:delife:20141211122036j:plain

13.そして女体山、煩悩が打ち消された順うちの方々にはどうとでもないことかもしれないけれど、初っ端の煩悩だらけの私には・・・

f:id:delife:20141211122043j:plain

14.そして秘仏拝観(金が要ったのね・・・入ってから徴収するのはやめようよ)

お坊さんにカラフルな縄を付けていただき、祈祷をしてもらい説明を簡単に受け大窪寺完了

 

大窪寺長尾寺まで

f:id:delife:20141211122148j:plain

15.駐車場でバイクを組み上げ準備完了

f:id:delife:20141211122154j:plain

16.途中下りだけかとおもったら意外にも登り道あり。写真でみるとそれほどな勾配じゃないけれどリアルでみたらいきなりげっそり

f:id:delife:20141211122228j:plain

17.道の駅ながおで一休憩 途中の下り道がけっこうな角度で且つきついカーブの連続 時速47キロマークf:id:delife:20141211122712j:plain

18.前山:ダムで一枚

 

長尾寺到着

2014/12/8 9:38大窪寺発~10:30長尾寺に到着

駐輪場代金¥0

移動距離16.93km

 

長尾寺滞在時間 10:30~11:10

入山料¥0

賽銭¥100

御朱印¥300

f:id:delife:20141211122730j:plain

19.山門にて

f:id:delife:20141211122755j:plain

20.静御前に関係するお寺も近くにあり(諸説ある一つらしいwiki参照)

f:id:delife:20141211122803j:plain

21.境内全容 本堂(中央)大師堂(右側)背中側に納経所あり

f:id:delife:20141211122814j:plain

22.これが噂のオレンジタウン

f:id:delife:20141211122828j:plain

23.踏切がおりてる!今がかつて四国にきて電車が通っているのを見たことがなかったのだ。しかも一両列車さすがJR四国

85番札所まで志度寺から8キロ行くか戻るか悩ましい

 

2014/12/8 11:10長尾寺発~11:40志度山に到着

駐輪場代金¥0

移動距離7.21km

 

志度寺滞在時間 11:40~12:20

入山料¥0

賽銭¥100

御朱印¥300

f:id:delife:20141211122839j:plain

24.山門にて

f:id:delife:20141211122848j:plain

25.平賀源内の墓があるお寺もすぐ隣

f:id:delife:20141211130830j:plain

26.本堂

f:id:delife:20141211130846j:plain

27.大師堂(本堂のすぐ隣)

f:id:delife:20141211122912j:plain

28.人懐っこい猫、ニャーニャー鳴きながら足元をスリスリ、そして目の前で腹を見せてゴロン、クァ~ なんて気持ちよさそうな。

じょじょに曇り空、時折雷?(実は空港が近くにあるみたいで飛行機の音みたい)

次の札所は山の上だったので、次の予定もあるのでここらへんで今回のお寺巡りは打ち切り、さて戻るとするかな

f:id:delife:20141211131254j:plain

29.さすがに腹もへったので途中のコンビニ(長尾郵便局前店)にて高カロリーなものを

f:id:delife:20141211131302j:plain

30.時速47キロで下ってきた山道をスタート

山の中途中時速が7キロとかほぼ歩いているスピードと変わらず、そのくせシャカシャカ漕がないといけないので非常に疲れた。中ボスくらすのヒルクライムと噂だったけどしょっぱなからこれはきつい、きつすぎる、最悪大窪寺行の車に便乗してバイクを取りにくるかも、とか思いながら休み休み、押して歩いて下りでわからなかった看板発見、昼寝城なるものがあったらしい

籠城したら昼寝をしてても落城することはないという城らしいです。

 

2014/12/8 12:20志度寺発~14:32大窪寺第一駐車場に到着

総移動距離48.23km(戻り距離が24.09キロ)

途中最高時速50.3km/h

 

f:id:delife:20141211132703p:plain

f:id:delife:20141211132708p:plain

f:id:delife:20141211132714p:plain

f:id:delife:20141211132718p:plain

 

自転車遍路の初日の感想

・12月の山道だからと舐めていた、とても暑かった

・お寺の中では元気に挨拶、一人だと声出す機会もないので是非実行するといい

・休憩場所を見つけて、少し疲れたとおもったら迷わず休憩、ほかに休めそうないい場所がない

・無事、行って戻ってこれたのはよかった

・戻り距離24キロ分はどこかでショートカットする際の自分マイルとして貯めておこう

 

 

 

自転車のパーツを購入してきた その7

耳当て、結束バンド4本を購入

100均にて

気泡緩衝材、フック付タイトゴムロープ3本を購入
ホームセンターダイキ(https://www.daiki-grp.co.jp/shop/store963.html)にて

 

耳当て:バックアームタイプ
108(本体税込)なり

梱包ベルトバンド:幅2cm×長さ1m 耐荷重量50㎏を2本
108(本体税込)×2(本)=216なり

クルッとバーンド!:幅3.8cm×長さ96㎝
108(本体税込)なり

気泡緩衝材:リサイクルプチ
409(本体税込)なり

ユタカ タイトゴムロープ:幅6mm×長さ60cm
275(本体税込)なり

ユタカ タイトゴムロープ:幅6mm×長さ90cm
295(本体税込)なり

ユタカ タイトゴムロープ:幅6mm×長さ120cm
316(本体税込)なり

 

車に搭載するにあたって、100均で購入したもので固定して傷がついたり、フレームにホイールを装着するように家にあったブルーシートと軍手と汚れてもいい用のタオル一枚で積んでみたが、やはり高速道路のつなぎ目や山道での段差でガチャガチャ音がする。またカーブがきついときに動いて車もクロスバイクも痛めるかもしれないということで気泡緩衝材とフック付のゴムロープを急遽購入。

f:id:delife:20141211105212j:plain

車載用に購入したり家に置いてあったもの一式

たぶんこれだけあれば何とかなる。音もなく、固定され安定感ばっちり

 

f:id:delife:20141211105219j:plain

詳細その1

f:id:delife:20141211105224j:plain

詳細その2

f:id:delife:20141211105941j:plain

出発時点での搭載状況

 

改善点も考慮すると

1.車にブルーシートを引きつめる

2.フロントホイールだけを外す

3.フロントホールを気泡緩衝材でくるむ

4.車にリアから搭載(車の進行方向に対してタイヤがあると汚れそうなのとタイヤに負荷をかけたくないので)

5.ペダルの位置を調整する(位置によってはサドルがぐらぐらして安定しないため)

6.チェーンカバーを装着

7.青い結束バンドでホイールとフレームを二か所固定(気泡緩衝材でくるんでいるので留めるための空間を確保)

8.ステム回りと車のフック(最後尾)に結束バンドで固定

9.リアホイールと車のフック(リアドア回り)に結束バンドで固定

10.タイトゴムロープでサドルの下の隙間にフックをかけて車のフック(最後尾)に固定(傷がつかない様にビニール袋でも挟んでおけば十分そう)

11.タイトゴムロープでリアホイールあたりにフックをかけて車のフック(最後尾)に固定

12.ブルーシートの余った部分でクロスバイク全体を包む(余剰部分はスポーク等に押し込んでおけば十分)

注意点としては結構出るときはきれいにしていても、走った後すぐ搭載することをかんがえれば汚れる面を合わせておかないと車も汚れるしバイクも無駄に汚れることかな。

あとはカーブや段差では車のスピードを緩めましょう、これが一番傷つけない予防策

自転車のパーツを購入してきた その6

タイヤ・チューブ交換、交換工具、チェーンカバー、リアエンドホルダー、リアディレイラーガードを購入

TOOYA(http://www.01bike.com/)にて

 

タイヤ:SCHWALBE LUGANO 700×25Cを前後2本
3,672(本体税込)×2(本)=7,344なり

チューブ:TIOGA 700×18Cを前後2本
950(本体税込)×2(本)=1,900なり

タイヤ交換工具:SCHWALBE製
500(本体税込)なり

チェーンカバー:White Lightning The CHAIN JOHNNY
1,980(本体税込)なり

リアエンドホルダー:TIOGA Rear End Holder
1,728(本体税込)なり

リアディレイラーガード:KCNC製
(ほんとはフロントホイールにつけるライトアダプター ハブライトホルダー)
840(本体税込)なり

 

f:id:delife:20141205140103j:plain

購入してきたものを全て装着

 

f:id:delife:20141205140106j:plain

ハブライトホルダーをリアディレイラーガードとして装着 ちゃんとディレイラーより長いので直接ガツンと倒れたときにはガードしてくれそう。

筒状になっているので下手にフレームに影響せずグニャリとなって吸収してくれることを期待。

 f:id:delife:20141205140258j:plain

f:id:delife:20141205140301j:plain

輪行バッグは間に合わず、チェーンカバーとリアエンドホルダーで車載することにする。ブルーシートで覆っておけば汚れもきにならないはず。

タイヤ交換用の工具はそれ自体が三つレゴのようにはまるのでバラバラにならない

中々考えられている。

f:id:delife:20141205140304j:plain

f:id:delife:20141205140306j:plain

前のチューブを空気に触れないようにラップでくるんで、さらにジップロックで封印

直すところを間違ったらなんじゃこりゃ~となるので直すところに気を使う・・・

 

f:id:delife:20141205140309j:plain

前のタイヤもたすき掛けにして持って帰ってきた。

漕ぐたびに太ももにあたって肩からずれるんですが・・・

こいつもラップでくるんで保管。

 

タイヤを交換した感想

軽すぎるギアを二段上にしても快適走行、しかし段差や路面が悪いところではちょっと気を使う(慣れてきたらそう思わないかも)

 

明日、明後日で走ってみて体に慣らしておかなくては。

 

自転車のパーツを購入してきた その5

サイクルコンピュータ(サイコン)と携帯ポンプを購入

Amazonにて

キャットアイ(CAT EYE) ベロワイヤレスプラス [CC-VT210W] ブラック VELO WIRELESS+

¥ 3,110(税込)なり


topeak(トピーク) ロード モーフ G (インラインゲージ付) PPF040/TRP-3G

¥ 4,447(税込)なり

 

サイコンは色々機能がついていたりするが、価格も上がるので初心者的にはコスト控えめ、時速と平均速度とかあってパーツが流通しているキャットアイを選定。

メーカーからもいろいろ出ているが、メーカーサイトに比較できるページがあったのでそこから機能の絞り込みを実施。

 

携帯ポンプも色々ある。選定理由は今後タイヤをロード用の23Cあたりに変更すると8気圧程度入れ無ければいけないことを想定し、メーター付、腕力以外の注入、車載可能な大きさ、仏式バルブ対応により選定。

 

【サイコンスペック】

アナログワイヤレス
速度:走行速度、平均速度、最高速度
時間:走行時間
距離:走行距離、積算
時刻:12/24時間表示選択可能
ペースアロー
簡易タイヤ設定
オート専用モデル
表示データ:CO2削減量、消費カロリー
サイズ/重量:本体 55.5×37.5×18.5mm/本体 28g(電池含む)
電源/電池寿命:本体CR2032×1個/約1年、スピードセンサーCR2032×1個/積算距離で約10,000km
付属品:アナログスピードセンサー、ナイロンタイプブラケット

 

【携帯ポンプスペック】

型番: PPF040/TRP-3G
米式と仏式に対応するヘッド
耐久性に優れたアルミ チューブ使用
最大160psiまで充填可能
手にやさしいパッド付 T-ハンドル
360°回転できるホース マウント部
フレーム装着用クランプ付属
最大140psiまで測れるインラインゲージ付
L350xW57xH28mm
220g

f:id:delife:20141126102924j:plain

梱包状態

 

f:id:delife:20141126103031j:plain

携帯ポンプの中身

f:id:delife:20141126103038j:plain

サイコンの中身

f:id:delife:20141126103043j:plain

サイコンはステムに取り付け

f:id:delife:20141126103048j:plain

f:id:delife:20141126103053j:plain

センサーは取り付け位置とどう固定するか、事前にセンサーとの距離5mmが確保できる場所をイメージしておかないと後でタイラップをブチ切ることになる。

(先だけ止めて下にずり落ちることが容易に想像ついたので、あとで切り取りました)

ブレーキの固定部分で下に落ちない様に止め直し、スポークに取り付けたマグネットセンサーとの距離を縮めるためにかなり内側に向けて固定

走ったらズレてきそう・・・

 

f:id:delife:20141126103058j:plain

携帯ポンプの設置、サドル下に着けようとおもったけど、少しでも長いものを長いほうに着けてる方が後々便利そうなのでボトルゲージを付け直し。

 

 

 

自転車に乗ってきた 2014/11/19

昨日に引き続き

今日も33㎞走行

 

一昨日までの膝の痛みは昨日サドル調整によって嘘のようになくなった。

1.漕ぎ方も股関節と太ももで回すような感じ

2.時計でいうと4時から8時の間に力を入れる

3.ペダルの位置と膝がゆらゆらさせないこと

4.サドルを位1㎝落として走行

これらを意識しながら漕いでみると関節ではなく筋肉を使っている感覚がしてきた。

まぁショップの店長曰く、サドルをおとすと脹脛あたりが筋肉痛になるかもしれませんが・・・

ということで事実膝はどうもないが、脹脛をつかっているようでそのあたりがヒクヒクしてきた。

 

とりあえずは膝とお尻と手の痛みから解消されたのでしばらくはこのまま様子見てみようと思う。

 

f:id:delife:20141119134526j:plain

當麻の家はロードバイク用に地球ロックができるようになっていた。台数は少な目

f:id:delife:20141119134531j:plain

初めて食べた小麦餅、2時間くらい走ったあとなので炭水化物が旨い

久しぶりに美味しいと感じた食べ物だった。

f:id:delife:20141119134536j:plain

その後公園で展望台まで登ろうとおもったけれど、残念ながら火曜日、水曜日は休園とのこと。公園なのに休みがあるとは知らなかった。柵がされていて展望台には登れず。

f:id:delife:20141119134542j:plain

當麻の家の写真